2006/05/01

今年のDTMはベテランvs若手!?

DTM第1戦ホッケンハイム”

現在、F1ではM.シューマッハの去就問題などが注目されていますが、今日は話題を変えてDTM(ドイツツーリングカー選手権)の開幕戦を振り返ろうと思います。開幕戦の結果はこちら

DTMが好きな方は知っていると思いますが、実はこの開幕戦が行われたのは約1ヵ月前(4/9)のこと。ではなぜこの時期に話題にするかというと、日本での初回放送(スカパーJ SPORTSにて)が昨日(4/30)だったからです。

さて、今年のDTMはオペルが撤退したことで、メルセデス(AMG Mercedes C-Klasse)vsアウディ(A4 DTM)の一騎打ちになりました。しかし、参加台数は相変わらず多く全20台で争われています。ちなみに、DTMにはM.ハッキネン(Mercedes)やH-H.フレンツェン(Audi)、J.アレジ(Mercedes)などF1のトップで活躍した選手が参戦していて、世界的にも有名なレースの1つです。観客数も10万人を超えることもあるくらいの人気を誇っています。

開幕戦に話を戻すと、やはりDTMらしく激しいバトルの連続!他車を抜くときには、お互いが接触するのは当たり前。挨拶代わりみたいなものです。今回は各所でバトルが展開されていましたが、特にJ.アレジvsM.トムツェック(Audi)vsS.ストッダード(Mercedes)のバトルは見ごたえがありました。3台共にゴンゴンぶつかり合っていました。

Dtm_1

そんな中、レースを制したのはMr.DTMことB.シュナイダー(Mercedes)でした。シュナイダー選手はかつてF1にも参戦していて、鈴木亜久里さんとチームメートだったこともあるドライバーです。レースでは、2位スタートから1コーナーでのバトルの末にトップに浮上。その後は、1回目のピットストップ(DTMでは2回が義務:作業時間は4~5秒という早業!)でトップを譲った以外は、他車を寄せ付けない完璧なレース展開で優勝を飾りました。ちなみに、この優勝でシュナイダー選手はDTM通産40勝目だったそうです。

2位にはT.クリステンセン、3位H-H.フレンツェン、4位M.ハッキネンという結果でベテラン勢(おじさん勢!?)が上位を独占しました。対する(?)若手は、去年DTMでチャンピオンに輝いたG.パフェ(Mercedes)はマクラーレンF1のテストドライバーに専念するために今年は出場していませんが、若手のチャンピオン候補は昨年シーズン2位だったM.エクストローム(Audi)でしょう。そのほかにも、2004年F3ユーロシリーズチャンピオンのJ.グリーン(Mercedes)らの活躍も見ものです。

今年のDTMは、ドイツ国内を中心に(他国で4戦)全11戦が行われる予定です。日本では情報が少ないですが、見ていてかなり迫力があって面白いレースです。機会があれば、是非見てみてください。今年のDTMはまだ開幕したばかりですが「ベテランvs若手」という図式になりそうな予感です。今年も、チャンピオン争いが最後まで分からないような展開を期待しています!

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (3)