2006/02/26

今週末はA1 Grand Prix第9戦!!

今週末(日本時間2/27深夜)は、A1 Grand Prixの第9が開催されます。

今回の舞台となるのは、「メキシコ・モンテレー」です。

前回のA1GP8戦は、初優勝のチームが新たに誕生したレースでした。

始めに行われたスプリントレースでは、またもやフランスチーム(N.ラピエール)2位を約7秒引き離しての優勝でした。これを制したフランスは今季15レース中11勝という圧倒的な強さです。また、日本チーム(下田隼成)9位に入り、久々のポイント獲得(2)という結果でした。

続いて行われたフィーチャーレースでは、セーフティカーが3度入るという荒れたレースでした。スプリントレースを制したフランスチームは、他車との接触などによって順位を落としたため8位という結果でした。そしてこのレースを制したのはカナダチーム(S.マッキントッシュ)でした。カナダチームはドライブスルー・ペナルティを受けたものの、ピットインのタイミングが良かったため一気に浮上し、ペースも安定していたことによってA1GP初優勝を果たしました。

さて、今回開催されるメキシコのコースは、13.386kmです。

Monterrey_Circuit

このサーキットは、アメリカのCARTなどが開催されているところでもあります。

昨年のCARTを例にとると、ポールポディションタイムが1’13”627(S.ボーダース)で平均時速は165.6km/hです。ストレートはいくつかありますが、15箇所あるコーナーはほとんどが100km/h程度まで速度が下がるため、マシンセッティング等の面でも難しいと思われます。抜きどころは、250km/h以上出るストレートが3箇所あるため、その次の低速コーナーへの飛込みであると思われます。

そのA1 Grand Prixの第9戦は早速、予選が昨日行われました。その結果、ポールポディションを獲得したのは何と南アフリカチーム(S.シンプソン)でした(ベストタイム:1’22”078)2位にはフランス(N.ラピエール)3位にはスイス(N.ジャニ)がそれぞれ入り、日本チーム(下田隼成)17位という結果でした。

A1GP9のスプリントレーススタートは日本時間2/27()3:30です(予選レースと決勝レースが2回行われます)

また、A1 Grand Prixのオフィシャルサイトで無料生中継(録画もあり)を行うので、深夜ですがお時間のある方はぜひご覧下さい。

A1 Grand Prix Official Sitehttp://www.a1gp.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/12

A1 Grand Prix第8戦 速報②!!

先ほど、A1 Grand Prix8戦のフィーチャーレースが終了しました。

結果は以下の通りです。

●グリッド:スプリントレースの結果がそのままグリッドとなる。スタートはスタンディングスタート。ポルトガルと中国はピットスタート。

●スタート:中国はスタートできずにリタイア。

1コーナーで日本,インドネシアら3台が接触する。ここで日本がリタイア。先頭争いはイギリスが1位へ浮上。

2周目:1位イギリス,2位マレーシア,3位オランダ,フランスは4位へ後退。1週目の事故により、セーフティカー導入。

3周目:上位陣はそのままコースにとどまるが、中段グループなど全体の約半数がピットイン。

5周目:再スタート。直後にフランスがマレーシアと接触し、ピットイン。

6周目:1位イギリス,2位オランダ,3位マレーシア,4位アイルランド,5位南アフリカ。ピットでノーズを交換したフランスは19位へ後退。

7周目:8位走行中のレバノンがコースアウトし、リタイア。これによって、セーフティカー導入。ここで、オランダ,マレーシアなど4チームがピットイン。

12周目:再スタート。1位イギリス,2位南アフリカ,3位ポルトガル,4位イタリア。メキシコがインドを抜いて6位へ浮上。カナダを始めとする中段で激しい争いが展開される。

18周目:3位メキシコと4位ポルトガルが1コーナーで争い、両者ともにコースアウト。これによってメキシコがリタイア。ここで3回目のセーフティカー導入。イタリア,ポルトガルがピットイン。

23周目:再スタート。イギリス,南アフリカはまだピットインせず。1コーナーで南アフリカがイギリスを抜いて1位に浮上。

24周目:1位南アフリカ,2位イギリス,3位カナダ,4位オランダ,5位マレーシア。南アフリカは後続を徐々に引き離し始める。

30周目:4位争いのオランダがマレーシアと接触してコースアウト。コースに復帰する際、10位走行のポルトガルと接触しそうになり、ポルトガルがコースアウト。

31周目:2位走行中のイギリスがピットイン。

32周目:8位走行中だったイタリアがスピン、リタイア。1位南アフリカ,2位カナダ,3位マレーシア,4位オーストラリア,5位ブラジル。

34周目:南アフリカがようやくピットイン。

●最終ラップ:1位に浮上したカナダが、最後尾スタートからドライブスルーペナルティも受けたがA1GP初優勝!!

フィーチャーレース結果

1 カナダ(S.マッキントッシュ)

2 マレーシア(A.ユーン)      +1.931

3 オーストラリア(M.マーシャル)   +12.617

4 ブラジル(C.フィッティパルディ) +14.000

5 スイス(N.ジャニ)        +16.509

6 オランダ(J.フェルスタッペン)  +21.846

R 日本(下田隼成)          完走15/23

このレースの録画中継は、A1 Grand Prixオフィシャルサイト(www.a1gp.com)で見ることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

A1 Grand Prix第8戦 速報①

先ほど、A1 Grand Prix8戦のスプリントレースが終了しました。結果は以下の通りです。また、この後日本時間17:00からフィーチャーレースが行われる予定です。

●スタート:予選1位のイギリスが良いスタートを切って1位のまま1コーナーへ

2周目:1位のイギリスを2位のフランスが抜いて1位へ浮上

5周目:ブラジルがピットイン

6周目:1位フランス,2位イギリス,3位メキシコ,8位日本

8周目:マレーシアがスイスをパス

9周目:オランダが日本を抜いて9位へ

10周目:南アフリカがスイスをパス

15周目:オランダがニュージーランドをパス

●最終ラップ:フランスがそのまま逃げ切って優勝

スプリントレース結果

1 フランス(N.ラピエール)   

2 イギリス(R.カー)      +6.676

3 メキシコ(S.ドュラン)    +7.367

4 マレーシア(A.ユーン)    +10.695

5 スイス(N.ジャニ)      +12.273

6 アイルランド(R.ファーマン) +13.152

9 日本(下田隼成)       +17.995

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/10

今週末はA1 Grand Prix第8戦!!

今週末(日本時間2/12)は、A1 Grand Prixの第8が開催されます。

今回の舞台となるのは、「インドネシア」です。

前回のA1GP7戦は、最後の最後まで素晴らしいバトルが展開されたレースでした。最始に行われたスプリントレースでは、最終周に2位のオランダ(J.フェルスタッペン)1位のフランス(A.プレマ)に仕掛けたものの、接触しスピン。フランスはイギリス(R.カー)の猛追を何とか押さえきっての勝利でした。

続いて行われたフィーチャーレースでもトップ争いが白熱しました。レースをリードしていたスイス(N.ジャニ)を、セーフティカーで差を縮めた2位のオランダが最終周にかわしてA1GP初優勝を果たしたレースでした。

さて、今回開催されるインドネシアのコースは、13.965kmです。

sentul_circuit

サーキット図を見てみると、高速サーキットのようです。

また、ストレートが十分にあってその先のコーナーは低速で回るコーナーが多いようです。そのため、ストレートエンドのコーナーへの飛び込みが勝負どころとなりそうですし、1周の中に追い越しポイントもいくつかありそうなので、再び白熱したバトルが展開されるでしょう。必見です!!

もう1つ気になるのは、赤道直下にあるインドネシアの気候ではないでしょうか?天気予報を調べてみると、今週末の天気は概ね良さそうですが、最高気温32℃・湿度85%と厳しいコンディションなのでドライバーには大きな負担がかかりそうです。

A1GP8戦のレーススタートは日本時間2/12()15:30です(予選レースと決勝レースが2回行われます)

また、A1 Grand Prixのオフィシャルサイトで無料生中継(録画もあり)を行うので、お時間のある方はぜひご覧下さい。

A1 Grand Prix Official Sitehttp://www.a1gp.com

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/01/29

A1 Grand Prix第7戦 速報②!!

先ほど、A1 Grand Prix7戦のフィーチャーレースが終了しました。結果は以下の通りです。

●グリッド:スプリントレースの結果がそのままグリッドとなる

●スタート:レバノン,パキスタンはピットスタート。好スタートのスイスがトップに浮上。チェコがエンジンストールで出遅れる。

1周目:1位スイス,2位フランス,3位イギリス,4位アイルランド,5位ドイツ

2周目:スイス,フランス,ポルトガルなど7台がピットイン。フランスはピットで約15秒をロス。 

3周目:USA,オーストラリアの接触によりセーフティカー導入。 

4周目:セーフティカーの間にイギリス,チェコ,アイルランドなどほとんどのチームがピットイン。

7周目:リスタート。1位ニュージーランド,2位ブラジル,3位パキスタン,4位レバノン,5位スイス。

9周目:スイス,ドイツがレバノンをオーバーテイク。チェコにブラックフラッグ。 

10周目:イギリスがリタイア。レバノン以下7台が熾烈な8位争いを展開。

11周目:フランスがドライブスルーペナルティ。セーフティカー導入。ニュージーランドがピットイン。

16周目:リスタート。1位ブラジル,2位スイス,3位ドイツ,4位ポルトガル,5位オランダ

17周目:レバノン以下6台による9位争いが白熱

21周目:アイルランドがコースアウトによりリタイア。

26周目:7位走行のマレーシアがスピンしてリタイア。セーフティカー導入。レバノンがピットインするも右リアタイヤ交換に手間取りそのままリタイア。

29周目:リスタート。1位ブラジル,2位スイス,3位ドイツ,4位オランダ,5位ポルトガル。

31周目:6位走行だったメキシコがスローダウンし、ピットイン。リタイア。

36周目:3位走行中のドイツがサスを壊してリタイア。中国もリタイア。

37周目:1位走行中のブラジルがピットイン、エンジンストールでタイムをロス。

40周目(ファイナルラップ):オランダがスイスを抜いて1位へ。そのままチェッカーを受けて初優勝。

<Feature Race Result>

  1 オランダ(J.フェルスタッペン)

  2 スイス(N.ジャニ)

  3 ポルトガル(A.パレンテ)

  4 ニュージーランド(M.ホリデー)

  5 南アフリカ(S.シンプソン)    完走 9/23

このレースの録画中継は、A1 Grand Prixオフィシャルサイト(www.a1gp.com)で見ることができます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

A1 Grand Prix第7戦 速報①!!

先ほど、A1 Grand Prix7戦のスプリントレースが終了しました。結果は以下の通りです。また、この後フィーチャーレースが行われる予定です。

●スタート:インドネシア&イタリアがクラッシュなど3台がリタイア。また、オランダ2位へアップ。クラッシュにより,セーフティカー導入。1位フランス,2位オランダ,3位チェコ。

6周目:リスタート

10周目:トップ争いは熾烈

12周目:地元南アフリカがガレージ内へ

15周目:1位フランス,2位オランダ,3位チェコ,4位イギリス,5位スイス

16周目:第1ヘアピンでブラジルがスピン&リタイア

20周目:中国がスピンし,そこにレバノンが接触

21周目(ファイナルラップ)2位のオランダが仕掛けるが、フランスと接触しリタイア。3位走行のチェコもスピン。最終コーナーでパンクしたフランスイギリスが仕掛けるが、フランスが逃げ切り優勝

<Sprint Race Result>

  1 フランス(A.プレマ)

  2 イギリス(R.カー)

  3 スイス(N.ジャニ)

  4 アイルランド(R.ファーマン)

  5 チェコ(T.エンゲ)    完走 15/23

次のフィーチャーレースも、A1 Grand Prixオフィシャルサイト(www.a1gp.com)で無料生中継します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/28

今週末はA1 Grand Prix第7戦!!

今週末はA1 Grand Prix7が南アフリカで開催されます。

A1 Grand Prixは、昨年秋から始まった新シリーズでこのシリーズの1番の売りはWorld Cup Motersportsです。

マシンの戦闘力は「フォーミュラニッポン」よりやや劣る程度ですが、1メークレース(全てのマシンが同じシャシー&エンジン)なので毎戦激しい戦いが繰り広げられています。

a1_grand_prix

ドライバーも若手からベテランまで活躍しており、N.ジャニ(スイス)A.プレマ(フランス)、日本で活躍中のR.ファーマン(アイルランド)、また父をF1世界チャンピオンにもつN.ピケJr.(ブラジル)C.ジョーンズ(オーストラリア)M.ラウダ(オーストリア)らが参戦しています。

さて、今回の舞台は南アフリカ・ダーバンの13.283kmの市街地サーキットです。

このサーキットは低速コーナーが多いですが、700mを越えるストレートとその後のコーナーへの飛び込みが追い越しポイントとなりそうです。

A1_Durban 

レーススタートは日本時間1/29()20:30です(予選レースと決勝レースが2回行われます)

また、A1 Grand Prixのオフィシャルサイトで無料生中継(録画もあり)を行うので、お時間のある方はぜひご覧下さい。

A1 Grand Prix Official Sitehttp://www.a1gp.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)