« F1を去るもの、チームを去るもの | トップページ | これぞM.シューマッハ! »

2006/10/22

またもミハエルにトラブル!

“F1第18戦ブラジルGP予選”

M.シューマッハ選手、日本GPに続いてのトラブルは非常に残念。Q3の開始直後、ピットアウトの時点からペースがスローで、そのままゆっくり1周した後にピットに戻ったわけですが、結局トラブル原因は燃圧だったようです。その結果、ミハエルは予選10位で僚友のマッサ選手が地元でポール獲得となりました。結果詳細は以下で。

予選結果→「F1_round18_Qualify.xls」をダウンロード

Last_qualify_1 ←最後の予選がこんな形に

予選前のフリー走行やQ1、Q2でのタイムを見れば分かるように、フェラーリの2台は好調で順当にいけばフェラーリがフロントローに並べたはずだとは思いましたが。ミハエルのF1での“最後の予選”がこんな不完全燃焼な形に終わってしまったのは残念です。

ミハエル・シューマッハ「当然、結果にはがっかりしている。でも、これは常に起こり得ること。Q3のスタート時に、マシンの燃圧にトラブルが発生してしまったんだ。だから、スローペースのまま1周してピットに戻るしかなかった。これから、原因を究明していかなければならない。そして、今の状況でベストを尽くすしかないんだ。10番手からのスタートは、確かに大きなハンディだね。今日唯一良かったことといえば、フェリペがポールを取れたことだ。母国でのレースなだけに、大喜びしているだろうね。明日、フェリペがレースで勝ってくれることを願うよ」

でも、決勝に向けて前向きに考えましょう。まずトラブル発生が予選で、それもQ3だったので最後尾に回ったりする事がなく5列目10位で終えれたこと。もし、このトラブルが決勝で起こってしまっていたら大変なことですから、最悪の事態というのは免れたんではないでしょうか?

また、Q3で1周しか走っていないわけですから、前の車よりも明らかに搭載燃料量は多いでしょう。仮にマッサとミハエルがQ3に向けて同じだけの燃料を入れたとすれば(Q2でのタイム差を見ればミハエルのほうが多くても不思議ではありませんが)、Q3でマッサは13周走行しているわけですからミハエルの第1スティントが他車より10周以上は多いでしょう。そうなれば、他車が1回目のピット作業を終えた後に軽いタンクでペースを上げることも可能で、1回目のピット作業を全車が終わったときには上位にいるかもしれません。また、それに好調のブリヂストンタイヤも答えてくれるはずです。

明日はいよいよミハエルのF1での最後のレース。何位であっても、とにかくミハエルにチェッカーを無事に受けて欲しいと思います。それが、表彰台圏内であればなお良いです。ドライバーズ、コンストラクターズ争いも勿論まだ決まっていませんが、それよりもミハエルがどういうレースをしてくれるかに注目したいです!

|

« F1を去るもの、チームを去るもの | トップページ | これぞM.シューマッハ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またもミハエルにトラブル!:

» 2006F1 Rd.18 ブラジルGP 公式予選結果 [にこらすの徒然なるままに・・・part2]
2006年F1世界選手権第18戦ブラジルGPの公式予選は気温20℃、路面温度33℃、湿度66%、風速2.9m/s、曇りのドライコンディションという予想外の低温条件で行われた。なんといっても注目のミハエル vs アロンソ対決。第1ピリオド、第2... [続きを読む]

受信: 2006/10/22 午後 12時08分

» F1予選結果  [格闘技LOVE!]
逆転優勝をねらう M・シューマッハだが 予選は10位と出遅れた。 アロンソ、予選4位=M・シューマッハーは10位出遅れ-F1ブラジルGP 自動車レースのF1世界選手権シリーズ今季最終戦、 ブラジル・グランプリ(GP)は21日、 当地のインテルラゴス・サーキット(1...... [続きを読む]

受信: 2006/10/22 午後 03時23分

» マッサが母国で2戦連続ポールポジション獲得!  [スポーツ三昧]
F1第18戦ブラジルGPの公式予選が行われ、マッサが母国で2戦連続、通算3回目のポールポジションを獲得した。2番手にはライコネン、3番手にはトゥルーリが入りトヨタが鈴鹿に続いて2列目を獲得。以下4番手アロンソ、5番手バリチェロ、6番手フィジケラ、7番手ラルフ・シューマッハー、8番手ハイドフェルド、9番手クビカ、10番手シューマッハーというトップ10だった。... [続きを読む]

受信: 2006/10/22 午後 05時01分

» マッサがPPを獲得!ミハエルはまさかのトラブルで10位! [Motor Sportが一番]
2006年FIAF1世界選手権第18戦、今シーズンの最終戦となるブラジルGPは公式予。セッション開始直前の気温は21℃、路面温度30℃、湿度63%、ドライコンディションとなっている。 ミハエルのトラブルで開始された第3セッション、ライコネンがフロントローを確保するなど、鈴鹿とは違う顔ぶれとなった。... [続きを読む]

受信: 2006/10/22 午後 05時07分

» F1ブラジルGP予選−2 [Escape Zone]
地上波観戦(ほとんど時間差無いですが・・・)の人を考慮して、 [続きを読む]

受信: 2006/10/22 午後 05時38分

» F1ブラジルGP予選−4 [Escape Zone]
意外な展開が・・・ [続きを読む]

受信: 2006/10/22 午後 05時52分

» F1-2006第18戦 ブラジルGP 予選 [猪口民人のちょこっと見んと。]
いやはや、今年のF1もこれが最終戦かぁ…ホント愉しいコトは過ぎてくのが早いねぇ。 そんな最終戦の予選、またまたマッサがポール獲得で、その横2番手には我が愛すマン・キミがつけて、来季のフェラーリコンビがフロントローに並んで、これは来季の跳ね馬の好調を予感さ....... [続きを読む]

受信: 2006/10/23 午前 01時33分

« F1を去るもの、チームを去るもの | トップページ | これぞM.シューマッハ! »