« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006/09/30

タイヤで明暗が分かれた予選に!

“F1第16戦中国GP予選”

チャンピオン争いが佳境に入った中の重要な予選でしたが、予選はあいにくの天候に。まさに水を差された展開になった感じでした。それにしても、BS陣営とMI陣営の差がここまではっきり出る展開になるとは・・・“タイヤは生き物”とよく言いますが、やっぱりタイヤはデリケートなものですね。予選結果は以下の通りです。

予選結果→「F1_round16_Qualify.xls」をダウンロード

Renault_duo ←ルノー勢余裕の1-2位!

ポールは第9戦カナダGP以来になるF.アロンソ選手。チームメートのG.フィジケラ選手と並んでルノー勢はQ1、Q2、Q3全セッションで1-2の速さでした。「晴れでも雨でもコンペティティブに戦える自信があるよ。」とアロンソ選手が予選後に語るように、元々ルノーにあっているコースと言われているだけに決勝に向けても自信があるようです。2人が決勝スタートで順位をキープすれば、アロンソが後続を引き離す展開になると思います。そうなると、アロンソが非常に有利になりますよね。

一方でBS勢は大苦戦!ミシュランF1ディレクターのニック・ショーロック氏が自慢げに言うように、Q1ではトップ12、Q2はトップ8、Q3はトップ10のうち9台がMI勢に独占されると言う屈辱的ともいえるような予選になってしまいました。3セッションともトップタイムは1分44秒前後でしたが、BSが今回持ち込んだタイヤではこの状況下で合うものが無く、FP3と予選のタイムから路面がもう少し乾くとスタンダードウェットでBSも速くなり、もう少し濡れるとフルウェットで速くなるような印象でした。今回はBS勢にとっては中途半端なコンディションだったようです。その中で、BS勢で唯一M.シューマッハ選手がトップ10に入る6位。さすがですよね。

明日の天気も微妙なようで、ルノー勢のアロンソ選手は「今週はドライコンディションでの走行をほとんど行っていないけど、クルマはとても競争力があると思うんだ。もしウェットになっても、何が起きても僕たちは速く走れるよ。」と語る一方で、フェラーリ勢のロス・ブラウン氏は「明日の天気予報ではレースにおいてはわずかな雨の可能性しかないということだが、正直言ってそれが正しくなるようにお祈りしなければならないね!」と。でも、やっぱり正々堂々ドライコンディションのレースで戦って欲しいですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ブルツがトップ&モンタニー7位

“F1第16戦中国GP金曜フリー走行”

F1中国GPの初日です。各チーム、このGPの前にはヘレスやシルバーストーンでテストを行ったり、日本でイベントを行ってくれたりと2週間の休み中も忙しかったでしょう。先の記事の通り、私もイベントに行って楽しませていただきました。こういうイベントを毎年やってくれると、もっとF1が身近になって良いと思いますね。

さて、中国GP初日の結果は以下の通りです。

フリー走行結果→「F1_round16_FreePractice.xls」をダウンロード

結果は午前の1回目、午後の2回目共にウィリアムズ3rdドライバーのA.ブルツ選手がトップでした。ウィリアムズは“チーム創設以来の大不振!”といわれていて、陰ながら何とか頑張って欲しいと思っていますが、空力等のアップデートによって今回はマシンの調子が良いようです。

スーパーアグリの初日はトラブルに泣かされたようですね。琢磨選手はギアボックストラブル、左近選手にはまたも油圧トラブルが発生してしまいました。特に、琢磨選手は1回目&2回目共に周回をこなすことができなかったようで・・・でも、3rdドライバーのモンタニー選手が2回目で29台中7位というのには驚かされました!ちょっと期待が高まります。

F_montagny ←地元GPに向けて弾みをつけたい!

今回のGPではドライバー変更が多数。レギュラー組では、レッドブルのR.ドーンボス選手がC.クリエン選手に代わって昇格。3rdドライバー組では、同じくレッドブルが今シーズンGP2で活躍して“もう1人のミハエル”と言われるM.アマミューラー選手、スパイカーMF1は同じくGP2やA1GPで活躍しているA.プレマ選手を起用。各選手共に、トラブル無く走ることができたようです。R.クビサ選手、S.ベッテル選手も加えて、最近は有望な若手選手がどんどん出てきますね。それも、皆非常に速いのでベテランもうかうかしていられない?というところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/26

富士スピードウェイにアロンソ登場!

土曜日はお台場で行われた「モータースポーツジャパン2006」に行って来ましたが、翌日曜日は富士スピードウェイで行われた「MILD SEVEN RENAULT F1 TEAM meets BLUE ageha PIT PARTY」に行って来ました。これは、事前に応募した5000組1万人を対象に行われたイベント。アロンソ、フィジケラ、コバライネン登場しました!F1も本気走行でした!とても楽しめました!

Dscf0923

F1デモランは16:00~。午前中からは、F1中継でご存知このお二方(川井さん、今宮さん)のバトルトークが行われました。今年の残り3戦はルノーに合っているサーキットイニシャルR.Kさんが鍵を握りそうと語っておりました。

「renault_v10.mp4」をダウンロード

この日は何とピットガレージに入ることもできました。私は3回ピットを見学に行きましたが、この日は非常に運がついてました。1回目に行ったときはこれ。エンジンに火を入れてくれました。この直前には、何とアロンソ&フィジケラも登場してくれましたが、残念ながら人だかりでその姿は確認できませんでした。でも、これにはビックリ、グットタイミング。ピットの中ということもあり体全体に振動が伝わってきました。ものすごくやかましかったですが、良い音でした。

「Renault_Megane.mp4」をダウンロード

午後に入るといよいよオープニングセレモニー。ルノーメガーヌ・ルノースポールに3選手が乗り込み、ド派手に登場!

Hkovalainen

その後、音楽ライブが始まりその際にもう1度ピットに行って見ると、来年ルノーから参戦予定のコバライネン選手がたまたま登場!いきなりサイン会が始まりました。またまたグットタイミング!差し出されたもの1つ1つに丁寧にサインをするあたりにとても好感を持ちました。もちろん私もサインを頂きました!

「pitout.mp4」をダウンロード

「Renault_R25.mp4」をダウンロード

そして、ついにF1マシンが登場!マシンは昨年のチャンピオンマシンR25V10エンジンでした。ストレートを駆け抜けるマシンのエクゾーストノートは他のカテゴリーのものとは全然違いました。V10サウンドはやっぱり良いです。タイムも1分22秒前後だったそうなので、もちろんコースレコードの本気走りでした(それまではFニッポンの1分26秒)。

アロンソにとってもルノーチームにとっても、チャンピオンがかかる残り3戦。非常に大事な時期なだけに、富士に来てくれたこと自体も凄い事だと思いますが、朝から夕暮れまで本当に楽しめました。今季でミハエルが現役を引退してしまうので頑張って欲しいところですが、改めてアロンソにも頑張って欲しいという気になりました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/09/23

モータースポーツジャパンinお台場

さて、非常に久々の更新です。F1も第16戦中国GPまであと1週間です。

私は先ほどお台場から帰宅しました。というのも、今日はお台場で「モータースポーツジャパン2006」というイベントがあって、それに行って来ました。

こちら(9/23記事)でも紹介されていますが、ルマンカー、ラリーカーや往年の名車、そしてF1マシンなどが展示されております。もちろん今季の開幕から使用されていたスーパーアグリSA05もありました。会場にはスーパーGT各ドライバーや亜久里代表らも駆けつけてくれました。

Dscf0858 ←マツダ787B(ルマンカー)

Dscf0844 ←スーパーアグリSA05(F1カー)

そして、このイベントのメインは特設コースでのレーシングカーデモラン。スーパーGTやラリーカー、ルマンカー、F3、Fニッポン、そしてF1が走行します。コース自体は大きくありませんが、各ドライバーが派手に走行してくれました!その様子を少しだけ。

「xanavi_z.mp4」をダウンロード

「hondara1061.mp4」をダウンロード

「hondara1062.mp4」をダウンロード

ちなみに、ドライバーはZが本山哲選手、HondaF1がJ.ロシター選手でした。非常に楽しいイベントでしたし、デモラン等このイベントは明日も行われます。明日はHondaF1のエースJ.バトン選手も登場予定だそうです。時間がある方は足を運ばれてはいかが??

では、私は明日は富士スピードウェイで行われる「PIT PARTY」に行ってきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/12

ミハエル、ラスト3戦全力で!

“M.シューマッハついに引退表明”

1992年8月雨のスパ。当時最強を誇っていたウィリアムズ・ルノーとは明らかに戦闘力の劣っていたベネトン・フォードで、2位に40秒差をつけて初優勝を飾った当時23歳のミハエル・シューマッハ。その年既にチャンピオンが決定していたN.マンセルと、F1最多参戦記録を持つR.パトレーゼに表彰台で祝福されている光景が蘇ってきます。

あれから実に14年が経ち、「皇帝」はついにイタリアGP表彰式後の会見で今後を明らかにしてくれました。その答えは“今季限りでの引退。F1デビューから15年、245戦目の発表でした。フェラーリとミハエルは、以前からイタリアGPレース後に今後の進退を発表するとしていました。CSの生放送を見ていた私は、レース後のミハエルの表情やしぐさに注目していましたし、皆さんもそうだったと思います。マシンを降りてチームスタッフと喜び、表彰台でライコネンに一言話し掛け共に笑みを浮かべ、シャンパンファイトをなかなかしなかった普段とは違うミハエルを見たとき、私はやっぱり引退するのかなぁと薄々感じました。

Michael_kimi ←来年からは新たな時代へ!

セナ亡き後のF1を引っ張り2年連続のチャンピオン、当時大低迷のフェラーリを2年で復活させ、1998年から続いた好敵手ハッキネンとのバトルはF1の本当の面白さをファンに見せてくれました。その後、足の怪我から復活した翌年から5年連続チャンピオンを獲得。

当時のセナらと比較すると、その走りなどに“スター性が無い”などが言われた事もありますが、現在まで彼の残した優勝90回、表彰台獲得回数153回、PP回数68回、FL回数75回、チャンピオン獲得回数7回は全て歴代1位。現在も2ポイント差でアロンソを追っています。F1誕生から57年。私たちは「皇帝」の走りをリアルタイムに見ることができ、そして今後もこれほどの記録を作るドライバーは現れないでしょう。もちろん彼の引退は残念ですが、これも自身で決めたこと。最後まで速いという印象を与えてくれるままにF1界を去るのはとてもかっこいいですし、是非とも前人未到8度目のチャンピオンを勝ち取って有終の美を飾って欲しい!

決勝結果→「F1_round15_Race.xls」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/10

アロンソ降格でミハエル大チャンス!

“F1第15戦イタリアGP予選”

イタリアGP予選です。ポールは今季3度目のライコネン(1:21.484)、2位に0.002秒の僅差でM.シューマッハ(+0.002)、3位は今週末好調BMWのハイドフェルド(+0.169)が来ました。チャンピオンを争うアロンソは5位(+0.345)で、期待のSAF1は琢磨選手21位(+2.805)、左近選手22位(+4.517)。

でしたが、予選終了後に衝撃!アロンソ選手がQ3でマッサ選手のタイムアタックを妨害したとして、最速タイム抹消のペナルティを受けてしまいました。これによって、アロンソ選手は10位からのスタート。チャンピオン争いが大きく動きそうです。その他予選結果詳細は以下で。

予選結果→「F1_round15_Qualify.xls」をダウンロード

Alonso_tire_damage ←ピンチかアロンソ!?

アロンソとミハエルの間には7台。もちろん、アロンソが決勝でミハエルの前でフィニッシュすればポイント差は広がりますが、ダメージを最小限にとどめるにはミハエルのすぐ後ろの順位でフィニッシュしたいところでしょう。ところが、ペナルティによってそれを実現するにはフィジケラは良いとしても、BMW2台、Honda2台、デラロサそしてマッサを抜かなければいけません。偶数列からのスタートで1コーナーの混乱に巻き込まれかねない順位ですし、いくら抜きやすいコースでも非常に厳しい戦いになるでしょう。ルノーが苦手なコースだとしてもアロンソは順位を上げてくるでしょうけど、マッサは必死に押さえ込むでしょうし。ということで、ミハエルはポイント差を縮める大チャンスでしょう!

Go_takumajpg_1 ←頑張れ琢磨!

さて、リリースでは「今週末はマシンのスピードが十分ではない。チームも一生懸命頑張ってくれて、マシンの性能は最大限に引き出せたと思うので、その点では満足しているが、まだ改善の余地はある」と語った琢磨選手。トップからのタイム差は+2.8秒(103.4%)。1:24.289というタイムは琢磨選手自身の今週末で最速タイムなので、この結果は大健闘だと思います。しかし、ライバルMF1のアルバース選手はそれよりも1秒速いタイム。確かに、最近のMF1はQ2に進出するなど確実に前進していますし、SAF1が少し苦手とするローダウンフォース・サーキット。それでも、SA06Bで戦う琢磨選手とのこの差にはショックを受けました。しかし、琢磨選手は決勝に向けては前向きなコメントですので是非決勝で頑張って欲しいです!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/09/09

亜久里さん誕生日に初のトップ10

“F1第15戦イタリアGP金曜フリー走行”

今週は、ヨーロッパラウンド最終戦となるイタリアGPです。今日のフリー走行ではスーパーアグリが順調な滑り出しで、フリー走行2回目(FP2)ではモンタニー選手がスーパーアグリ初のFP2でのトップ10入その他の結果詳細は以下で。

フリー走行結果→「F1_round15_FreePractice.xls」をダウンロード

これまで、スーパーアグリがトップ10に入ったのはスペインGPのFP1(琢磨選手9位、モンタニー選手10位)の1回。しかし、この時は走行したマシンの中では最下位でしたので、今回のように27台が走行した中での10位というのは初めて。まだ金曜での結果ですが、先日SA06Bを投入したスーパーアグリの実力が確実に上がっているということが証明されているようで嬉しいです。

Saf1_top10 ←SAF1初トップ10!

「今回はMF1の前に出られるかな?」という期待が膨らむところですが、MF1もアルバース選手がきっちりと0.042秒差で11位につけていますからスーパーアグリのほうが速いとは確実には言い切れません。エンジン回転をどこまで上げているかとかもありますし。でも、リリースのように琢磨選手はトラブルフリーで金曜日を終えたみたいですし、左近選手とモンタニー選手にいくつかのトラブルが発生したものの、タイヤ比較などのプログラムも順調に消化しているとのことなので、予選・決勝も良いリザルトを期待したいですね。

さて、スーパーアグリ以外に目を移してみると、何といっても目立っているのはF1デビュー2戦目のS.ベッテル選手。速いです!現在はユーロF3参戦中の選手ですが、7月3日に19歳になったばかり。そんな選手がトルコGPのFP2に続いて今回の金曜は2セッションともトップタイム。BMWの仕上がりが良いにしても、この結果には驚かされますね。

Sebastian_vettel ←19歳68日(9/8時点)のベッテル

ホンダ勢は深刻なエンジントラブル。今回はどうやら噂の2007年仕様の新型エンジンを投入しているようですが、そのエンジンが先週のテストに続いて大きくブロー。さらには、これによって乗せ変えた従来型のエンジンもブロー。ということでバリチェロ、バトン両選手は1周もしていません。ここまでは苦しい状況になってしまいましたが、何とか巻き返してもらいたいです。

Honda_engine_failture ←デビッドソンがエンジンブロー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/06

ラリージャパン行って来ました②

“LEG1”
前回はセレモニアルスタートの様子をお伝えしましたが、今回はその第2弾!LEG1の観戦の様子です。私が観戦して来たのは、SS5のパウセカムイSS9/10の帯広スーパーSSの2カ所。
Dscf0661
パウセカムイのエリアBは何といっても眺めが最高!しかも、この観戦ポイントに行くには実際のコース上をシャトルバスで移動するので、ラリーカーが通ったあとの轍の深さビックリさせられました。

「PawseKamuy_zerocar.mp4」をダウンロード
ゼロカーです。

Dscf0669
そして、WRカーから順に2分おきに次々登場します。やっぱりWRカーは速い!こちらは王者ローブ選手。

「Pawse_Marcus.mp4」をダウンロード
さらにグロンホルム選手が来て…

「Pawse_Petter.mp4」をダウンロード

「Pawse_Chris.mp4」をダウンロード

Dscf0676
高々と土煙を上げながらスバル勢がやって来ました。ソルベルグ→アトキンソン→新井選手の順です。その後はグループNのマシンが通り過ぎていきます。晴れていれば最高のロケーション・・・でしたが、途中から非常に冷たい雨が降ってきてしまいました。

「obihiro_sss.mp4」をダウンロード

こちらは帯広SSSの様子。夜だったこともあって、写真をうまく撮れませんでしたのでこの動画のみで。パウセカムイのような1台ずつ走り抜けるSSも面白いですが、2台ずつ走るSSSはお互いの走りの比較なんかもできますし、ジャンプもあるし、短い時間の中でスタートからゴールまで全てを見ることができるのでエキサイティングです。ガードレールにガチャン!としてしまったマシンもいました。

ということで、次回はLEG2とサービスパークの様子を少しお見せできればと思います。

お願いします→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/04

ラリージャパン行って来ました①

“セレモニアルスタート”

9/1(木)~9/3(日)まで十勝・帯広で行われていた、WRC第11戦ラリー・ジャパン。日本では今年で3年目の開催で、前々から生観戦したいと思っていましたが行って来ました!初観戦です!(^^)!観戦したのは、LEG1前日の夜に盛大に行われるセレモニアルスタートと3カ所のSS。お見苦しいかと思いますが、そのときに撮った画像と動画を3回くらいに分けて少しだけ

観戦SS
 8/31(木)
    セレモニアルスタート
 9/1(金)
    SS5 パウセカムイ・エリアB
    SS9/10 帯広SSS・スタンド席
 9/2(土)

    SS12 陸別SSS・エリアC

まずは、LEG1の前日に帯広駅前の大通りで盛大に行われたセレモニアルスタート

Dscf0613_1

ラリーカー&ドライバーはこのゲートから登場。この付近はプレス専用なので、一般観戦者はもう少し離れた位置での観戦です。

Dscf0620_1

自衛隊の皆さんの演奏が終わって・・・

Dscf0624_1

まずはゼロカーが登場(ぼやけてますが)!そのあと1台ずつ参加全90台が次々に紹介されて、爆音と共にゆっくりと登場します。

Dscf0628_1

安全柵のそばにいれば、ドライバーにタッチできることも。そこまで、ドライバーの方が寄ってきてくれることもあります。

「start_1.mp4」をダウンロード

PCWRCで見事優勝した奴田原選手です。

「start_2.mp4」をダウンロード 

そして、最後に登場したのはS.ローブ!

やっぱり生で見るのは良いです。ドライバーとお客さんの雰囲気も良いですし、2時間行われたセレモニアルスタートもアッという間に感じましたね。そして、やっぱり新井&奴田原選手やP.ソルベルグ、M.グロンホルムそしてS.ローブ選手への歓声は一際大きかったです。ということで、次回はLEG1の様子を少しだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »