« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006/08/30

2007年暫定F1カレンダーに鈴鹿なし

“来年は全17戦に”

昨日(8/29)、来季のF1GP暫定カレンダーが発表されましたが、その中にやはりというべきか鈴鹿でのGPはありません。2007年の日本GPが「富士」での開催が決定した後も、パシフィックGPとしての開催に向けて鈴鹿の関係者の方々も相当努力されたことだと思います。1国1開催をバーニー・エクレストン氏が強調している中での鈴鹿開催はやはり困難だったようですが、まだ暫定ですし鈴鹿関係者の方も今後の開催に向けて引き続き交渉するようですので、ドライバー間でも「チャレンジングなコース」とされている鈴鹿で再びF1が開催されれば良いなぁと思います。

2007年暫定F1カレンダー
1  3月18日  オーストラリアGP  メルボルン
2  4月8日  マレーシアGP  セパン
3  4月15日  バーレーンGP  バーレーン
4  5月13日  スペインGP  バルセロナ
5  5月27日  モナコGP  モンテカルロ
6  6月10日  カナダGP  モントリオール
7  6月17日  アメリカGP  インディアナポリス
8  7月1日  フランスGP  マニクール
9  7月8日  イギリスGP  シルバーストーン
10  7月22日  ドイツGP  ニュルブルクリンク
11  8月5日  ハンガリーGP  ハンガロリンク
12  8月26日  トルコGP  イスタンブール
13  9月9日  イタリアGP  モンツァ
14  9月16日  ベルギーGP  スパフランコルシャン
15  9月30日  中国GP  上海
16  10月7日  日本GP  富士
17  10月21日  ブラジルGP

 インテルラゴス

大きな変更点は、サンマリノGPヨーロッパGPがなくなることと、人気の高いスパでのベルギーGPが復活してくれたこと。そして、来年はオーストラリアが開幕戦に戻り、最終戦がブラジルGPとなるようです。そのため、来年は1GP減って全17戦

スケジュール的には、1国1開催で、2週連続開催が今年同様5回あります。バーレーンGPとスペインGPの間が1ヵ月あることが、ちょっと良く分からないですけどね。

お願いします→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/08/28

マッサ初優勝!予想外のミハエル

“F1第14戦トルコGP決勝”

トルコGPはマッサ(フェラーリ)が歓喜の初優勝で幕を閉じましたが、僚友のミハエルはアロンソ(2位)の後塵を拝しての3位。これで、チャンピオンを争う2人のポイント差は12になり、ミハエルはいよいよ崖っぷちか?その他の結果詳細は以下で。

決勝結果→「F1_round14_Race.xls」をダウンロード

Podium_member ←マッサ涙の初優勝!

混乱の中でのスタートを、ポールから好スタートで1位をキープしたマッサ。その後もミハエルでさえも引き離して、そのミハエルも3位アロンソに対して14周目まで10秒の差をつけていました。しかし、ご存知のようにセーフティカーが入ったことで1位マッサは変わらなかったものの、ミハエルをアロンソが逆転。ただ、私は予選までの流れと第1スティントのペースを見て、次のピットストップで再びミハエルがアロンソの前に出れるだろうと思っていました。

しかし、そうならないのがレースといったところでしょうか?SC後の第2スティントでミハエルは徐々に遅れ始めるだけでなく、高速の8コーナーでコースアウトしたことで約3秒のロスをするなど第1スティントの速さが影を潜めてしまいました。アロンソとミハエルのペース差に関しては、始めは両者の燃料量の違いによるものかと思いましたが、2回目のピットインもアロンソに比べてミハエルは4周引張っただけ。どうも、その他にペースが上がらない原因があるようでした。

レース後、「第2スティントでは、何故だか、クルマの調子が初日ほどよくなかった。少しナーバスな感じがしたし、燃料が重くても状態は変わらなかったんだ。たとえ、28周目に8コーナーで僕がミスをしなくてもね」「それに、そのスティントでは、タイヤも他のドライバーよりも調子がよくなかった。ブリスター(タイヤの一部の温度が上がりすぎた時にできる火ぶくれ)もできていたんだ。終盤、何とかアロンソについていって、彼がミスをしたら、前に出ようとチャンスをうかがっていた」とミハエルが語るように、やはりクルマとタイヤの状態が思わしくなかったようです。私もそうでしたが、ミハエルを含めフェラーリ陣営、ブリヂストン陣営はマッサ初優勝は良かったでしょうが、予想外のミハエル3位に結果に落胆したことだと思います。この取りこぼしが後々効くかもしれませんし。

一方「今日はタイトル争いで、前進できたと思う」と語るアロンソはミハエルの終盤の追い上げをうまく押さえ込んでの2位。ディフェンシブな走りになると非常に強いです(もちろんそれだけではないですが)。ということで、残り4戦で両者のポイント差は12に広がりました。ミハエルにとってはさらに厳しい状況になってしまいましたが、今後のレースで仮にフェラーリ1-2が続けば少なくとも16点は縮めることができるので、まだわからないでしょう。

お願いします→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/27

マッサ初ポールにミハエルは?

“F1第14戦トルコGP予選”

トルコGP予選です。ポールポディションはF1キャリアで初となるF.マッサ(フェラーリ)。チャンピオン争いの2人は、ミハエル2位、アロンソ3位ということで隣同士に。また、スーパーアグリは予選に失敗して山本左近21位、佐藤琢磨22位でした。詳細は以下で。

予選結果→「F1_round14_Qualify.xls」をダウンロード

Fmassa←67戦目で歓喜の初ポール!

元々1発は速いマッサがついにポール獲得ですが、ミハエル的に言えばもちろんポールを狙っていたはず。土曜朝のフリー走行(FP3)ではダントツに速くて2位アロンソに0.7秒の差。予選に入ってもQ2ではマッサやアロンソに1秒以上の差をつけてましたから、おそらく燃料を多く積んだのでしょう。コメントの「Q3のとき、ターン1でワイドに膨らんでしまって、1回目の走行後のニュータイヤへの履き替えを取りやめた。2回目の走行のときもミスを犯したので、とにかく、慎重に走行しようと心がけたよ」があったとしてもQ2よりもQ3のタイムが1.4秒も遅いですからね。

フェラーリはフロントロー独占ですが、マッサがポールということでミハエルは偶数列からのスタート。もちろんマッサが速いことには満足でしょうが、一方のアロンソが奇数列なので、ルノーのスタートの良さを考えるとアロンソがミハエルを抜くことも十分に考えられます。ミハエルがフィジケラ以降に前に出られてしまうと話は変わりますが、もしアロンソのみが前に出たとしてもフリー走行などを見てもミシュランに比べて今回もブリヂストン(フェラーリ)がロングランでも良さそうなので、ピットストップでの逆転がありそうですけどね。ここまでの流れを見ると、やっぱりフェラーリが良い仕上がりのようです。無理にタイムを縮めるより、2番手や3番手でもいいと思っていたんだ。」というミハエルのコメントに余裕を感じます。

さて、今回からさらにアップグレード(新フロントサス導入)したSA06Bを持ち込んだスーパーアグリ勢。FP3ではSA06の左近選手がMF1の間に入っていただけでなくトロロッソなどにも肉薄していたので、SA06Bに乗る琢磨選手には結構期待していました。しかし、予選ではシャシー関連の大きなトラブルが発生し、ハンドリングが難しくなって、いいラップタイムが記録できなかった。」と琢磨選手。残念ながら、左近選手共にFP3のタイムを上回ることもできませんでしたが、実力はこんなものではないはず。SA06Bのレースに期待したいところです。

お願いします→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/08/21

プライベーターの将来は?

“E.ジョーダンがウィリアムズの株式売却勧める?”

昨年の始めに、ミッドランドのオーナーであるアレックス・シュナイダー氏にチームを売却した元ジョーダンチームのオーナー(創始者)のエディ・ジョーダン氏がウィリアムズチーム代表であるフランク・ウィリアムズさんにチームの売却を進めているようです。

その理由は、資金不足のプライベーターでは上位争いが望めないことと、これまた資金面から有能な技術を活かせなということらしいです。確かに、今季はウィリアムズやジョーダン氏が売却したミッドランドなどのプライベーターは成績面でメーカー系チームにはおよんでいない印象を受けます。

豊富な資金を持つメーカー系チームはシーズン中にもどんどん開発を進めることもできて、昨年のトヨタなどのようにシーズン中にもニューマシンを出せるくらいですから・・・今季のウィリアムズは上位に顔を出してくれるときもありますが、8戦連続無得点中でなにせマシントラブルが多い。やっぱり開発面で無理をしているんでしょうね。ちなみに、コスワースはメーカー系の1/10の予算で戦っているというのを聞いたことがありますが、それが本当だとしたらコスワースは良い仕事をしていますし、メーカー系も少しは見習って欲しい?

来年(再来年?)からエンジン開発が凍結し、2008年からはECUやタイヤなどのワンメーク化で資金面でもプライベーターにとっては少しは有利に働きそうですかね。私は1990年代のプライベーターがいっぱい参戦していた時代(かつては30台以上参戦した年もあったり)を見ているので、その時から参戦していたミナルディとかジョーダンが消滅したのは残念でしたが、やっぱりウィリアムズとか勿論スーパーアグリのようにメーカー系と別の目的で参戦しているプライベーターは将来的にもなくてはならない存在だと思います。そうでなければ、F1がスポーツではなくなるかもしれませんし。

お願いします→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/15

トヨタGPMA離脱!

昨日14日(月)にトヨタ・モータースポーツGmbHGPMAからの離脱を発表したようですね。これまで、エンジン凍結案などなどでFIA側と対立していましたが突然の離脱は何を意味しているんでしょう?TMG会長兼チーム代表の富田務氏のコメントはこちらで。

エンジン凍結案では、このトヨタとメルセデスが反対をしていたようですがその反対派のトヨタがGPMAを離脱ということで、GPMAはホンダメルセデスそしてBMWの3メーカーのみ。そのGPMA側はトヨタの離脱を尊重しているようですが、ルノーに続いてF1に参戦しているメーカーの中で最強のトヨタを失ったGPMAはいよいよピンチ。今後GPMA側がどう動くのかも注目されるところです。

メーカーとしては、エンジン凍結に代表されるように2008年(2007年?)以降技術開発ができないのではF1参戦の意味に疑問を持つのは当たり前でしょうが、とにかく最近のF1は「政治的」なお話ばかり。

先日のハンガリーGPではホンダのバトンが見事に優勝しましたが、皆さんはレース中に“マスダンパー”を外したおかげとか“シームレスギアボックス(カーボンケース)”の効果(使っているのはホンダだけではありませんが)というような技術的なことを考えましたか?さらにいえば、CSを見ている方は分かるかもしれませんが、最近の年間数百億を使っているF1と、完全ワンメークで年間予算が少ないGP2では面白さが予算と比例してますか?どっちがレースとして見ていて面白いですか?ということです。

お願いします→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/12

夢こそが、私たちのエンジンだ。

昨日の朝刊でHonda優勝記念の広告がドドーンと。見られた方も多いのではと思いますが、新聞を開いてビックリ!

Honda_newspaper ←昨日の朝刊で

ビックリでしたけど、夢こそが、私たちのエンジンだ。」っていうのがHondaらしくてカッコいいですね!(^^)!第3期初&バトン初優勝は凄い事で嬉しいことですが、ここまでやっちゃうあたりが“さすがHonda!”と思いました。あれだけ大きければ、多分F1を知らない人でも気になったはず。これで、少しでも日本でのF1ファンが拡大すれば良いんですけどね。

この広告と同じものがHondaホームページからPC壁紙用で配信中!早速壁紙に設定しちゃいました。渋めでカッコいいです。ちなみに、HondaホームページではRA272からLotus Honda,McLaren Hondaなど往年のマシンサウンドもこちらで聞くことができるんですね。皆さんもどうですか?

お願いします→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/08

レッドブル来季はデビクルとウェバー

“レッドブル来季の体制発表”

F1のレッドブル・レーシングが来季のドライバーについて、D.クルサード&M.ウェバーのコンビになることを発表しました。

クルサードは昨年から安定した成績を残していて、今年もRBRに初の表彰台をもたらす等の活躍をしていましたから、これは順当なところでしょうか。一方のウェバーも、今季はマシンの信頼性に苦しんでいるものの元々は良いドライバーだと思うので、ドライバーラインナップ的には戦闘力がありそう。来年からは、いよいよA.ニューウェイ作のマシンになると思うので、来季のRBRはさらに飛躍するかもしれませんね。

これによって、C.クリエンはシートを失うことになってしまいました。クリエンは、昨年から思ったような成績を残せず、何度となくD.マテシッツ(レッドブルオーナー)らにプレッシャーをかけられていましたが、現第3ドライバーのドーンボスがテスターとして残るようなのでクリエンはチームから放出されそう。トロロッソに移るという可能性はありますが、ウェバーが加入したことでリウィツィはほぼトロロッソ残留でしょう。残るはトロロッソの2ndですが、スピードもまずまずの活躍をしていますし、若手を多く抱えているレッドブル陣営ですからクリエンはついに困難な立場に立たされました。

ちなみに、レッドブルの来季のエンジンは現段階では決定していないようですが、エンジン凍結案が合意して来季以降は今年のエンジンがベースになるので、逆にエンジンを選択する側としては絞りやすくなったかもしれませんね。

お願いします→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/08/07

F1で君が代が流れた!!!

“F1第13戦ハンガリーGP決勝”

バトン初優勝第3期ホンダ初優勝!アロンソのリタイア、それによってチャンスが生まれたかに思えたミハエルもリタイア。それよりも、F1の表彰式で“君が代”が流れたことが本当に嬉しい!

決勝結果→「F1_round13_Race.xls」をダウンロード 

お願いします→人気blogランキング

Jbutton ←バトンついに初優勝!

バトンは114戦目での初優勝。ホンダは1992年の最終戦マクラーレン・ホンダ(G.ベルガー)以来、オールホンダでは39年振りだそうです。表彰台でイギリス国歌後に流れた君が代、トロフィーを受け取る福井社長の姿にただただ感動。ホンダの中本さんも、解説の森脇さん、今宮さんも涙。

最近政治的な面が表に出ているF1ですが、“やっぱり、F1はこうでなくっちゃ”と思いました。F1は“スポーツ”ですから。

J.バトン:「ボクは40秒ものリードを(P・デラ・ロサに対して)持っていたから,レースが終わるのを待ちきれなかったよ。初勝利を持ち帰る感触というのは,ベスト・フィーリングだネ。それにしても,なんて言う一日だったんだろう。とっても素晴らしいよ。天候のコンディションがレースを非常に難しいものにしたし,14位スタートからの優勝だなんてこれ以上にないほどのことを達成できた。戦略も素晴らしく,今週末はチームのみんなが素晴らしい仕事をしてくれたよ。」(Formula Web)

福井威夫(ホンダ社長):「今日の勝利は、何事にも変えがたい喜びです。今シーズンは緒戦から優勝を目標にやってきましたが、ようやく十三戦目のハンガリーGPで、正々堂々と戦った結果勝利をつかめて、大変嬉しく思います。ドライバー、チームのメンバーも本当に良くがんばってくれました。今日はこの勝利を皆で喜び、そして明日からは、F1の世界で勝利を重ねて行くために、再びチャレンジして参ります。これまで応援してくださった皆様、ありがとうございました。引き続きご声援をよろしくお願い致します(Hondaプレスリリース)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/08/06

ライコネンが2連続ポールに!

“出るか、今季初優勝ドライバー”

アロンソミハエルもいない予選後の記者会見。これは今季第2戦マレーシアGP以来ですが、2人がいないととても新鮮。その2人は、アロンソが15位、ミハエルは11位からの共にクリーンな奇数グリットからのスタートになりました。決勝では、この2人は順位を挽回するでしょうが、抜きにくいコースなので優勝までは難しいかもしれませんね。

予選結果→「F1_round13_Qualify.xls」をダウンロード

お願いします→人気blogランキング

Qf_of_hungary ←今季初優勝なるか?

ということは、今季初優勝ドライバーが出る可能性は大。フェラーリ陣営にしてみればライコネンがポールというのは予想外だったでしょうか?そのライコネンは「最高の予選だったよ。それにポールまで獲得できて本当にすごい。クルマは、今週末ずっと速かったんだ。ミシュランタイヤの選択が素晴らしかったと確信しているよ。明日はクルマが強力だと思うし、優勝する可能性が十分にある。そんな決勝を楽しみにしているんだ。ここ2週間で、テストで取り組んだことがプラスに働いて、パッケージも改良されたね」と語っています。マッサはミハエルの順位をできるだけ挽回できるようにペースを落として走行するか?それとも、自身初優勝のためにもライコネンを追いかけるんでしょうか?フェラーリの作戦にも注目ですね。

作戦的に言えば、Q3のタイムを見る限りでは、Q2よりもタイムが速かったのはライコネンのみ。なので、マッサよりもライコネンの方がピット回数が多い(3回?)と予想できます。マクラーレンは昨年優勝したときも3ストップでしたし。あとは、タイヤの“タレ”次第でしょう。また、川井さん情報ではトヨタのロングランが良い様なので、ダ・マッタの為にも期待したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/08/05

アロンソのペナルティ映像

YouTubeというサイトに、アロンソのペナルティをとられた時の映像がありました!映像はこちら

確かに、ブレーキテストは不必要で危険ですが思ったほどではなかった印象です。とにかく、イエロー区間での追い越しと危険行為で各1秒、合計2秒が予選の各ピリオドで課せられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アロンソに大きなペナルティ!

“予選タイム2秒加算”

アロンソに大きな衝撃!予選の各ピリオド(Q1,Q2,Q3それぞれ)で2秒加算のペナルティが課せられました。これは、金曜フリー走行でR.ドーンボスに危険行為を犯したためのようです。

フリー走行結果→「F1_round13_FreePractice.xls」をダウンロード

お願いします→人気blogランキング

私自身は映像で確認してないので詳しくは不明ですが、一説には「ドーンボスに引っかかったアロンソが、前に出た後に拳を突き上げて威嚇した後、マシンのウェービングやブレーキテストを行った」とのこと。これに対して、スチュワード(審査委員)がアロンソとドーンボスの両者を召還した後、アロンソの行為が危険であったとして「2秒加算ペナルティ」を下したということです。

コース上での追い抜きがほぼできないこのコースで、このペナルティは大きい。予選では各ピリオドでですから、Q2通過は厳しいでしょうね。もしかしたら、Q1通過もギリギリでしょうか?でも、アロンソが上記のような行動をしたとすれば何らかのペナルティが下っても仕方ないでしょう。

アロンソってレース中なども乗れているときは冷静のようですが、たまに“度を越えて”熱くなりすぎるようなことがあるように感じます。例えば、最近では今年のフランスGP予選のQ3前半ではミハエルを無理やり抜きにかかりましたし、前戦ドイツGP予選のQ3でもピットロードでミハエルと交錯しそうになったことがありましたよね。その時もチームに無線で“見たか、ミハエルがやったことを!”何て言っていました。確かに、クリアラップをとることはは重要ですが、外から見ていると“何でそこまでするの?”と思うこともしばしば。それに対して、“ミハエルは大人の対応”というべきか、冷静に走行しているように感じてしまいます。アロンソはもしかしたら、ミハエルからのプレッシャーも感じているんでしょうか?

とにかく、これによってミハエルはチャンス。チャンピオン争いはさらに過熱しそう!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »